部門のご紹介 部門のご紹介

部門のご紹介

看護部

ご挨拶

加藤 ひとみ

名前

看護部長加藤 ひとみ

平成扇病院は平成28年4月、心と身の両面からアプローチする病院としてスタートしました。回復期リハビリテーション病棟、療養病棟、認知症ケア病棟、ストレスケア病棟を有しており、すべての病棟において多職種連携を大切にし、治療、リハビリ、在宅への支援を行っています。地域での役割や患者さんを中心に考え「心の声に耳を傾け寄り添う看護を提供します」という理念のもと日々看護を提供しています
これからの看護師は入院中から退院後の生活を見据えた看護が求められます。
看護部では看護師教育としてラダー別のe-ラーニングを導入し知識と技術を兼ね備えた看護師の育成に努めます。そして看護師一人ひとりがレベルアップすることで患者さんへ安心、安楽で、なにより優しい看護を提供していきたいと思っておます。
看護部では今後も新しい取り組みを考え患者さんをサポートすべく努力してまいります。

看護部理念

心の声に耳を傾け
寄り添う看護を提供します

看護部基本方針

  1. 心の声に耳を傾け、人権を尊重し、やさしい看護を提供します。
  2. 患者様を中心としたチーム医療を実践し、安心した社会生活がおくれるように地域との連携を密にします。
  3. やさしさ、豊かな感性、広い視野をもった人材を育成し、科学的根拠に基づいた看護を提供します。

看護部教育理念

知識・技術・人間性を磨き看護専門職として高い倫理観のもと、身体・心・社会の全てに寄り添える職業人を目指す。

看護部教育目標

  1. 平成医療福祉グループの一員として責任ある行動がとれる。
  2. 専門的知識をもち科学的根拠に基づいた看護が実践できる。
  3. やさしく、親切な接遇に責任をもち心を癒す看護が実践できる。
  4. 患者を総合的にとらえ人と人、人と社会との繋がりを大切にした看護が実践できる。
  5. コミュニケーションスキルを身につけ患者・家族・医療チームでの人間関係調整能力が発揮できる。



特定行為研修 修了看護師

今後、日本の更なる超高齢化は避けられない状況において、看護師の役割はますます重要となってきています。看護師は「生活」の視点とともに「医療」の視点が求められます。
そんな中、厚生労働省によりチーム医療を推進し、看護師が役割をさらに発揮するため、2015年10月より「特定行為に係る看護師の研修制度」が創設されました。

当院では現在、3名の特定行為研修修了者がおり、医師並びにコメディカルと連携しながらチーム医療のキーパーソンとして働いています。
特定行為の主な内容としては、気管カニューレ交換、壊死組織の除去、精神及び神経症状に係る薬剤調整、中心静脈カテーテル関連などを中心に行なっています。

当院の所属する日本慢性期医療協会では、9区分16行為の特定行為研修を受講することが可能です(2018年現在)。当院では看護師特定行為研修を全面的に支援しています。


当院の特定行為研修修了看護師


ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
03-3855-5500
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る